車の損害保険には任意保険と自賠責保険といった2個の分類が販売されています。任意保険、自賠責保険の双方ともに、いざという時のアクシデントに備えたものですが内容や条件はやや異なっています。自賠責保険と任意保険をよく見ると補償がなされるものが異なってきます。※相手に関しては、自賠責保険、任意保険どちらでも補償されるよう取り決められています。※自分自身に対しては、<任意保険>で補償されるよう取り決められています。※自己の財産については「任意保険」によってのみ補償します。自賠責保険それのみでは自分への手傷や愛車に向けた補償は受けることができません。さらに相手に対する賠償などのサポートですが自賠責保険は死亡してしまった時は上限三千万円、後遺障害時最高4,000万と決められています。ただし賠償額が前述した額面を超えることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。加えて事故の相手のクルマまたは家を破壊したケースについては、加害者の負担となると定められているのです。そのようなわけで任意保険という制度が必須なのです。被害者に対する支援を主な役割とする任意保険にはしかし、それとは一線を画す役割が存在します。※事故の相手方へは、死亡時もしくは手傷のほかにも、自動車や建物といった種類のものを補償するのです。※自分に対しては、一緒に乗っていた者もひっくるめて死亡時もしくは傷害を賠償します。※自分の財産に対しては、車を補償します。こういった様々な面で援助が充実しているのが任意保険が持つ最大の利点です。保険料の負担はもちろん必要とならざるを得ませんが、事故が起きた時の相手方のためにも自分自身を守るためにもマイカーに憂いなく乗っていきたいのであれば契約しておくべきでしょう。